|各種保険の取り扱い

各種保険の取り扱い

労働保険の事務手続き代行、その他申告会独自の保険などの取り扱い。

1.労働保険事務組合

労働者を一人でも雇っていれば、労働保険の加入手続きを行う義務があります。当会では、低廉な委託手数料での事務代行を行っております。

特別加入制度(事業主の労災保険)の手続きも当組合で取り扱っております。(但し、従業員を雇用している方が対象となります。)

2.東京青色傷害保険

不慮の事故が原因でケガをされた場合、入院・通院1日目から、死亡の場合も補償される保険です。1口(月々の掛金が1,000円)~ 3口(同じく3,000円)まで選べます。

3.東京青色がん保険

「がん」にかかっても、安心して「がん」治療に専念できる頼もしい味方です! 上皮内がんも対象となり、また、女性特有の「がん」を保障するオプションもあります。

4.東京青色交通事故傷害保険

交通事故を対象とした保険です。加入した本人のみが補償される個人型 (年間掛金1口1,000円~)、家族ぐるみで補償される家族型(年間掛金1口10,000円~)と選べます。

5.東京青色PL保険

飲食物製造業者、食料品店、各種機械器具等の製造業者・販売業者、あるいは機械据付業者、 建築・内外装工事業者等の被保険者(保険契約により補償を受けられる方)が製造もしくは販売した製品、 または被保険者が行った仕事の結果に起因して、他人の生命や身体を害したり、他人の財物を滅失、破損または汚損した場合に、 被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害(損害賠償金や争訟費用等)に対して、保険金をお支払いします。

保険金をお支払いできる条件は適用される普通保険約款、特別約款および特約によって異なりますので、詳細は普通保険約款、 特別約款および特約でご確認ください。

Products Liability(製造物責任)の頭文字をとってPL保険と通称されます。

※保険料は全額が税務上、必要経費となります。

青色PL保険は、一般社団法人東京青色申告会連合会が保険契約者となる団体保険です。

  • 支払限度額:業種により異なります※
  • 免責金額:1事故につき1,000円
  • 保険料:売上金・業種により保険料が異なります。

6.東京青色自転車保険プラン

自転車事故が高額賠償となるケースが発生しています。自転車事故への備えはされてますか!?自転車は道路交通法上「軽車両」の一種になるため、被害者だけでなく加害者になる可能性もあります。「東京青色自転車保険プラン」は、自転車事故によるケガや損害賠償に備える自転車保険プランで、国内外を問わず自転車での事故によるご自身のケガを補償します。また、ご加入にあたり年令制限はございません。さらに、日本国内で発生した賠償事故は示談交渉サービスを利用可能です!

※このページは各保険の特徴を説明したものです。詳細は各種パンフレットをご覧ください。